FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺言ブーム!?

プロ野球も後半戦が始まり、阪神タイガースも現在首位!
いや~、今年の後半は楽しく行きたいもんですね♪

さて、テレビ東京系「ガイアの夜明け」の先日放送分は、
「骨肉の争いを避ける術~いま知っておきたい“相続”~」
と題して、遺言、相続・事業承継についての内容でした。
世間的にも、相続トラブルの増加に伴い、この辺りの問題
に注目が集まってきているということなんでしょうね。
司法書士もちらっと出てきてました。

内容的には目新しいものはなかったんですが、文具で有名な
コクヨさんから「遺言書キット」なるものが発売されていて、
結構ヒットしているってのは知りませんでした。
まぁ似たようなモンは出回ってますけどね。。
何でもプレゼントにもよく利用されているとか!?

実際モノを見てないんで、その内容はよくわかりませんが、
遺言を書く人が増えるのはいいコトやと思います。
仕事柄、相続って揉めますな~って日々感じてますから、
遺言一つあれば、そのリスクもだいぶ減りますし、
法律うんぬん別にしても、想いを綴った手紙の一つがある
のとないのとでは大きく違うと思うんですよね。

ただ、仕事上で言えば、この遺言書キットなりを使って
作成した「自筆証書遺言」が回ってくるよりは、
「公正証書遺言」がある方がエエなぁ~なんて思いつつ、
遺言は15歳から書けますし、何度でも書き直せますから、
ボクも「遺言書キット」買ってみよかな。
まだまだまだまだ生きていく気ですけど♪

スポンサーサイト

高齢化!?

梅雨も明けましたね~、本格的な夏到来!
暑中お見舞い申し上げます。
私の額の汗もより一層激しく溢れ出ております。
暑さ厳しい折柄、皆様もご自愛くださいませ。

連休中は親戚の子供たちを惜しげもなく抱っこしたり
調子に乗って遊んでおりましたが、次の日からホント
腰が痛くて痛くて…。
まだまだ30代!でも体の中は高齢化!?
ああ情けなし。。

さて、高齢化社会の進行が叫ばれて久しいですが、
中小企業経営者の高齢化も同じく進行中だそうです。
60歳、70歳過ぎてもバリバリの現役社長なんて人、
ざらに居ますもんね。

先日「事業承継」をテーマにした研修に参加しましたが、
“現経営者から後継者への事業のバトンタッチ”を行う
事業承継を真剣に考えている人ってどの位いらっしゃる
んでしょう?
そういう将来から今を見ている経営者ってスゴイなって
思いますし、今後「事業承継」なんかも司法書士として
関わって行きたいなと思いますね。

無理やり高齢化的なことで繋げてみましたが、事業承継は、
なかなか奥深いテーマなので、文章がまとまりませんね~。。
またじっくりと!

ヤなかんじ。。

登記の仕事をやっておりますと、漢字に敏感になります。
漢字には色々と分類があるのですが、私たちが気にする
のは「正字・俗字・誤字」のどれに分類されるかという
ところです。

ホント簡単にいうと、「正字」は、公的に正しいとされて
いる文字で、「俗字」は、習慣により用いられている文字、
「誤字」は、正字にも俗字にも属さない文字です。

例えば、「吉」って漢字も、「士」の部分が「土(つち)」
になってる場合がありますが、「つち」になってるやつは
俗字です。また、「高」に似た字で、「」がありますが、
これはどっちも正字。パソコンで普通に出てくるやつは、
正字ですね、大体。

ややこしいでしょ。。

国の記録である登記簿は、原則「正字」で記録されます。
俗字や誤字で登記して♪ってお願いしても、ダメ!って
なります。だって、公的に正しくないんだから・・・。

まぁでも別に文字の分類を考えるのがややこしいワケでは
ないんです。
こんな分類イチイチ覚えてられないので、司法書士の人は、
「誤字俗字・正字一覧」なる本を大概持っていて、それを
開けば分類はわかります。

問題は、お客さんが、私の名前はこの文字(俗字や誤字)
が正しい!!!とおっしゃられる時です。
公的な戸籍や印鑑証明書も、その俗字や誤字が使われて
いる場合なんて(何でも例外は多々ありまして・・・)、
そら「仰る通りで御座います。。」って思うんですが、
それって登記じゃ使えないんだよね。。

漢字一つで急に話がややこしくなる仕事、それもまた登記
ですな~。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 司法書士松井隆文のツウなお仕事 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。